ニュース

改正放送法参院本会議で可決され、NHKのインターネットを通じた番組配信が「必須業務」に格上げされることが決定しました。これにより、これまで「任意業務」とされていたネット配信が、NHKの本来業務として扱われるようになります1。

新しい制度では、スマートフォンを持っているだけでは受信料の支払い義務は発生せず、NHKのアプリをダウンロードしIDを取得するなどの積極的な行為をした場合にのみ、受信料の支払いが求められることになります。既に放送受信料を支払っている場合は、追加の負担は発生しないとされています。この制度は2025年春以降に実施される予定です

 

 

アップルが日本で新たに開始するiPhoneを利用した決済サービスについて、以下のようにまとめられます:

サービス開始日: 2024年5月16日
対象デバイス: iPhone 10以降のモデル
利用可能な決済方法: タッチ決済に対応したビザやJCBなどのクレジットカード
アップルストアでの利用: 数か月以内に開始予定
事業者向けのメリット:専用の決済端末が不要
決済手数料が発生しない
「エアペイ」や「スクエア」などのアプリを通じて利用可能
国際展開: 2022年に米国で開始し、日本は9か国目123
このサービスは、飲食店などの事業者がiPhoneを決済端末として使用することを可能にし、専用のハードウェアを必要とせず、追加のコストをかけることなく決済手数料も無料で提供されます。これにより、日本国内でのiPhoneの利用拡大と、電子決済への移行を促進することが期待されています。

 

株式、仮想通貨の運用について

これから運用や投資について📓形式で書いていきたいと思います。投資で考えてる事、利用しようと考えてる事などについても話していければ良いかなと考えてます

f:id:xaatan:20240325102549p:image

f:id:xaatan:20240325102554p:image

為替介入をするのではないかというニュースが出てます。

今朝、円相場について、明らかに投機的だと指摘、介入の準備はすでにできている。行き過ぎた変動に対してあらゆる手段を排除せずに適切に対応すると述べた(神田財務長官)実際為替介入した2022は急落して1ドル125円まで円高に戻りました。為替もあり、前日のsp500の調整もあり今日は円建てSP500は少し弱かったです。ビッグテック企業関係者が一部利確している

f:id:xaatan:20240326052909p:image

 

suiについて

メタ社ではリブラ(Libra)と呼ばれる、新しい決済ネットワークのためのブロックチェーンプロジェクトが進められてたが規制などの事情により、2022年にこのプロジェクトは中止 規制などの事情により、2022年にこのプロジェクトは中止

スイ(Sui)の処理速度がケタ違い

TPSはイーサリアム(Ethereum)で約13~15、

アバランチ(Avalanche)で約6,500

かなり高速とされるソラナ(Solana)でも約50,000ですが、スイ(Sui)は約300,000と圧倒的 億単位の人の利用可能

開発における安全性が高い 理由はmove言語を使っている

あらかじめコードバグが起こらないような設計になっているため、より安全性が高いものになっています。

 

sui

f:id:xaatan:20240322132422j:imagef:id:xaatan:20240322065724p:image

綺麗なチャートしてますねえ。時価総額51位なので中堅アルトですがXではブームとなってます。速い、安い、スマコンの性能はソラナ以上。

Best Crypto to Buy Now March 21 – Ondo, Beam, Solana(insideビットコイン

この中にsuiも入ってます。一部翻訳しました。

最近のニュースでは、SuiはTravelSwapとのパートナーシップを発表しました。このコラボレーションは、斬新な報酬システムを通じて旅行体験を向上させることを目的としています。TravelSwapは、Suiのスピード、セキュリティ、構成可能性の属性を活用して、さまざまなブロックチェーンネットワークでシームレスな報酬メカニズムを提供する予定です。

また、このコラボレーションは、Suiの能力を活用したより効率的な報酬システムを確立し、よりスムーズなWeb3指向の旅行の出会いを約束することを目指しています。同時に、Mysten LabsはMystenが運営するエクスプローラーの引退を宣言した。これは、分散型インターネットに向けた重要な一歩です。

Sui スマートコントラクト処理を大幅に向上する「Pilotfish」を公表

https://t.co/LJOsXXzAuw

suiとは

https://diamond.jp/crypto/market/sui/

レイヤー1ブロックチェーン、スマートコントラクト

水を表す日本語の言葉に由来しており、低コストで高速な処理を提供し、様々なアプリケーション開発に対応

ブロックチェーンの進化と、クリエイターや開発者にとってユーザーフレンドリーな体験を実現することを目指している

SUIは「Sui Move」という独自のプログラミング言語で開発

DeFi(分散型金融)やGameFiと呼ばれる、インターネット上で金融やゲームを楽しむことができるサービスに適したプラットフォーム

Sui Moveは他のプログラミング言語に比べ、ブロックチェーン上で動くプログラムを作るために、より適した言語としての特徴を備えている。

SUIでは、同時に発生するトランザクションを分割して別々のバリデーター(取引を承認する人)に割り当て、トランザクションを並列に実行する。これにより、一度に多くのトランザクションを高速に処理できる。

SDeFiセクターにおけるSui Networkの影響力が拡大していることも上昇の背景にある。

2024年1月末で既にDeFiのTVLトップ10入りを果たしており、DeFi市場での躍進が目立っている。

Suiエコシステム内のアプリケーションは急速に拡大しており、リキッドステーキング、DEXなどの豊富なサービスを展開してる

ネットワーク上の預かり資産は4億3,000万ドル(635億円)を超えており、2024年1月末から過去4ヶ月で1000%近く増加している。

SUIの開発チームは、Facebookで有名なMetaの元社員5名で構成されている。彼らはMeta社のブロックチェーン開発部門Diemでブロックチェーンの研究やMoveというプログラミング言語の開発を行っていた経歴を持っている。

彼らはSUIを「Web3の利点をWeb2の簡単さで提供する」というビジョンのもとに「Mysten Labs」を設立している。

SUIは、Tencent Cloud(テンセントクラウド)やAlibaba Cloud(アリババクラウド)などの大手企業とパートナーシップを結んでいる。

SUIでは、バリデーターは水平スケーリングと呼ばれる方法でトランザクションを効率的に処理している。

水平スケーリング

水平スケーリングとは、システムの能力を向上するために、同じ種類の機器(コンピュータ)やグループを追加することである。これにより処理速度を向上させることができる。

シャーディング

SUIは取引を高速に処理するために、分散型シャーディングを採用している。シャーディングとは、取引を小さなシャード(グループ)に分割することである。これはスケーラビリティの向上につながるため、他のブロックチェーンに比べて優位性がある。

高い処理能力

レイヤー1ブロックチェーンとして、イーサリアム(ETH)と比較しても高い処理能力を持っている。処理できるトランザクション(取引)は1秒間で12万件

次世代のネットワークであるweb3には、いずれ10億人規模のユーザーが来ると考えられており、対応できるブロックチェーンネットワークを形成するためにはSui Networkのような高い処理能力が必要

プログラミング言語はMOVEを採用 MOVEは安全性に特化したプログラミング言語であり、二重支払いの防止や暗号資産の所有権に関する不正の防止などのセキュリティ対策に優れる

独自ウォレットのSui walletを展開

その後、2023年10月には日本のオーケーコインジャパンで国内初の取り扱いがスタートし、2024年2月にはバイナンスジャパンがSUIを国内2例目として上場させることを発表

大手企業のMeta社が深く関わるプロジェクトであり、出資企業もa16z、Jump Crypto、電通グループなど著名であるため注目度が高い。高い注目度はweb3の普及を進めるうえで有利になりやすい

 

 

 

 

ビットコイン

f:id:xaatan:20240320140053j:image

世界最大のファンドブラックロックはどんどん買い集めてます。

円は安くなっているから1000万とか高く見えますが、

f:id:xaatan:20240320140603j:image

ドルで見ると

f:id:xaatan:20240320140759j:image

そもそもバブルでもなんでもありません

過去最高値更新してから現在13日目

過去最高値を更新した後、強気相場のピークまでの日数:266日から315日の間です。

この先ちょっとした調整がありますが気にしなくて良い

最高値1081

調整1 20% 864

f:id:xaatan:20240320143513j:image

調整2 30% 756

f:id:xaatan:20240320143711j:image 

これくらいまで調整します。底がよくわからないのでドルコストでコツコツ買いましょう。実際自分もよくわかりません。もう少し買いたいのでドルコストで買いたいと思います。大体は買っているので。現在価格は14%急落の930です。まあ、まだ下がるかもしれませんがここからドルコストでゆっくりですね

30億投資家の人もXで書いてます

前回の半減期 2020 5月12日

半減期の30日前から20%調整

 

f:id:xaatan:20240320151333j:image

まさに今青丸の調整段階

半減期以降

少しずつ上がり半減期より6ヶ月後急上昇(10月8日より)

2016年も似てます

 

暴落している 今こそget your own future get your own btc

f:id:xaatan:20240320125233p:image

今まで仮想通貨取引所について語ってきましたが、本質的に重要なことを言います。ビットコインの今の急落は新人研修というレベルです。半減期までのクッシング運動にすぎない。来年には1000万では買えなくなります。それは確実です。三桁台で買えるのは今だけです。 

コインポストより

f:id:xaatan:20240320130721p:image

f:id:xaatan:20240320130759p:image

近いうちに地殻大変動が起きます。 

コインポストより

f:id:xaatan:20240320131819p:image

Bitcoin Is Trumping Dollars for Many Inflation-Weary Argentines
Argentines’ Bitcoin demand rises to highest level in 20 months
Stronger peso in parallel markets discouragees dollar savings(ブルームバーグ

 

 

ビットコイン、イーサリアムどちらに投資する?

https://news.yahoo.co.jp/articles/f520719ffde01c20cf9df855e1aeed3e690d42fd

なかなか面白い記事だったのでどちらも結構投資してる立場からいうとどちらでも良いのではないか。最近あったデンクンのアップグレードでイーサリアムは手数料が安くなり使いやすくなっている。イーサリアム自身もネットワークが使われれば、イーサがバーンされるデフレトークンにイーサリアム2以降なり価格がビットコイン同様安定している。ビットコインは何回も書いているので割愛します。どちらも共存すると思う。イーサリアムのライバルはビットコインでなくソラナである。(ソラナにも投資を積み立てている)

今回の半減期ではビットコインの方がかなりパフォーマンスが良い。イーサリアムはソラナに押されている感じもする。